食と農のウェブマガジン Pikkari

わが家の実験 index

ニンニクの痛み止め

歯痛や腹痛のとき、ニンニクをおろし金でおろして、厚い紙にのばして貼ると、よく止まります。

一輪車で楽々水運び

 農作業や家の片づけ仕事に、手軽な「一輪車」は欠かせません。しかし、水を運ぶには舟が浅く不都合です。

鎌の研ぎ方

鎌が高価になって、薄刃や厚刃と幾種類も買うことは困難です。

穴のあいた傘を修理する工夫

子どもの傘はよく穴があくので、わが家ではこんな工夫で補修しています。

簡易水まき器

わが家では、竹筒を利用して水まきをしています。

栄養たっぷり 豆乳スイーツ

牛乳を飲めないわたしが考案した栄養価満点のデザートです。

風呂敷でできるのれん

どこの家にも、いただき物などの使っていない風呂敷が、たくさんあると思います。

靴下の腕貫き

主人が農作業のとき腕貫きをしないので、洗濯しても袖口の汚れが落ちず困っていました。そんなとき、主人が男物の靴下の先を切って、腕にしているのを見てびっくりし、このアイデアを思いつきました。

鋏に目盛りを

鋏の上刃に、図のように先端からエナメルで尺度の目盛りをつけておきますと、短いものを切るときに、いちいち物差しを使わなくても、わりに正しい長さに切ることができて便利です。

残ったみそ汁でカレーうどんを作る

みそ汁が残ってしまったときは、カレーうどんのだし代わりにすると、おいしく食べられます。

貝類に泥を吐かせる法

アサリやシジミなどの貝類を調理するには、煮る前に泥や砂を吐かせるため、普通は塩水につけますが、料理する前日から、貝を入れた水鉢のなかに、包丁などの金物を一緒に入れておくと、寒い冬でも、すっかり泥や砂を吐き出します。

ミミズを利用した不耕起栽培の方法

野菜を栽培していると、かならず発生する。焼却や撤去をするのも手間がかかるので、わたしは、この残渣を畝に積み上げて、不耕起栽培を実践しています。

手製の鍋保温箱

朝食時間がまちまちなわが家では、なかなか全員においしいみそ汁を食べさせることができません。そこで、鍋の保温箱を作ってみました。1時間くらいは冷めず、今ではとても重宝しています。

うおの目はもぐさで取る

うおの目は硬いので、米1粒ほどの量のもぐさをうおの目の上にのせ、線香で火をつけて「きゅう」をします。

一石二鳥の鍬

私は図のように、鍬の柄先から二尺(約60センチメートル)のところに、エナメル(または墨、コールタール)で二寸(約6センチメートル)幅の輪を描きました。

色紙を使って糸通しを簡単に

近ごろは老眼が進み、縫い物をするのもたいへんになりました。とくに縫い針に糸を通す作業には、ひと苦労。 そこでわたしは、簡単に糸を通せる方法を実践しています。

鍋底の焦げのとり方

鉄釜や鉄鍋の底に焦げができた時、これを包丁やたわしでこすると、穴をあけてしまうことがあります。

粉石けんを使って換気扇の油汚れを落とす

市販されている粉石けんを使い、頑固な油汚れを落とします。

重宝な粉生姜の作り方

生姜を皮のまま、ごく薄く輪切りにし、からからに折れるほど、十分に日に干して、臼で粉にします。

ドクダミで鼻詰まりを解消

鼻詰まりはたいへんつらいものです。とくに夜などに鼻が詰まると、寝苦しくてかないません。そんなとき役に立つのが、ドクダミです。

針に糸を通す簡便法

針の穴に、糸をたやすく通すには、黒糸ならば白い紙、または布切れを下におくと、穴が明瞭にわかり、よく通ります。

穴のあいた靴下を椅子の脚カバーに

穴があいたり、底が薄くなったりして履けなくなった靴下をおしゃれな椅子の靴下にリフォームします。

野良での傷にヨモギの葉

草刈や、ムギ刈、イネ刈で、よく手を切るものですが、その辺にあるヨモギをとって、よく揉み、その汁を傷口につけて、そのうえに汁をしぼった後の葉を当て、草などでしばっておくと、すぐに出血も痛みもとれます。

新聞紙1枚で作る簡単ごみ袋

作り方はとっても簡単。2つに折った新聞紙を横にして、両端を3cmほどの間隔で3~4回きっちりと折りたたむだけです。

電球利用の靴下つぎ

線が切れたり、傷んだりした電球を靴下つぎをするとき、中に入れてつぐと、間違って下布を縫ってしまうような心配もなく、楽につげます。

皮も使って作るミカンジャム

温州ミカン1kgの皮をむきます。皮はへたを取って鍋に入れ、重曹小さじ1と皮が隠れるくらいの水を加え、強火にかけます。

便利なかき餅の干し方

かき餅の乾燥は面倒なものですが、私の家では数年来、図のようにしてかわかしています。

はかなくなったジーンズで自転車のハンドルカバーを作る

わたしは古くなったジーンズを自転車のハンドルカバーにリフォームしています。

小魚の煮方

小魚をかるく串焼きにして鍋に入れ、お茶汁をたっぷり入れて弱火でゆっくり煮て、骨まで軟かくなってから味をつけます。

農具に自転車のチューブを巻いて滑り止めに

今では農業も機械化が進んでいますが、それでも必要なのが、鎌・鍬・おの・なたなどの農具です。しかし、それらの柄はすべて木でできているので、手が滑りやすいです。

湯をかけてラップを剝がしやすくする

ラップが張りついて、剝がしづらくなり、お困りの方が多いと思います。 しかし、すぐに捨ててしまっては、もったいないです。

ジュース缶で農工具の整理

不要になったジュース缶のふたを切り取り、図のように板に釘付けにします。鎌、折りたたみ式ののこぎり、ショベルなどを差し込んで整理しておきますとたいへん便利です。

花を植えてごみのポイ捨てや野菜の盗難を防ぐ

標題の件でお困りの方は多いと思います。しかし、感情に訴える看板などは逆効果。そこで、わたしは畑の道路に面している場所にヒマワリとアガパンサスを植えてみました。

古い衣服もこうすれば再利用

着なくなった衣服を再利用する方法です。ポロシャツの場合、縫い代、襟、袖口、ボタン部分などを切り落とし、前身ごろ、後ろ身ごろ、袖に分けます。

裂き布を使って小口瓶の中を洗う

口の小さい瓶を洗うときの工夫です。柔らかい布やフェルトを2cm 幅に切り、瓶の高さプラス30cmほどの長さのひもを作ります。

ゆで卵の飾り切りをきれいに

ゆで卵は、1 本のつまようじと長さ15 cm くらいの糸を使って、きれいな飾り切りにすることができます。

肩凝りの退治法

私は知人から教わったつぎの方法で、肩凝りをすっかり治しました。

新案弁当風呂敷

弁当持で仕事に出る時、母から作ってもらった図のような風呂敷に弁当を包んで持っていきますが、出し入れも手軽、ことに冬など綿入れにしておいてくれるので御飯の冷め方が遅く、ほんとうにおいしくいただけます。