食と農のウェブマガジン Pikkari

0

穴のあいた靴下を椅子の脚カバーに

2016.10.24山形県・安孫子ふみさん(『家の光』2015年4月号より)

穴があいたり、底が薄くなったりして履けなくなった靴下をおしゃれな椅子の靴下にリフォームします。
まず、靴下を図のように切ります。次に半分にした靴下のボディ部をそれぞれ中表にして筒状に縫います。最後に物差しなどを使って裏返せば、完成です。1足で、椅子1脚分になります。
椅子の脚や床が傷つくのを防げるうえに、靴下のかわいい柄がそのまま生かせるので、10 年くらい続けています。

ピッカリ識者のピッカリコメント

この記事は参考になりましたか?
なった時はピッカリボタンを押してください。

ピッカリした人現在0

私も試しました。やってよかった。もっとこうしたらなど あなたのピッカリコメントをお願いします

みなさんのピッカリコメント

わが家の実験 最近の記事