食と農のウェブマガジン Pikkari

2

鍋底の焦げのとり方

2016.10.24『家の光』昭和17年10月号より

鉄釜や鉄鍋の底に焦げができた時、これを包丁やたわしでこすると、穴をあけてしまうことがあります。こんなとき、釜や鍋の底の水分をふき除いてから火にかけ、油を少しおとし、2,3分間も火にかけておくと、焦げと鍋底のあいだへ油がしみこんで、苦労なく焦げがはげてきます。

ピッカリ識者のピッカリコメント

この記事は参考になりましたか?
なった時はピッカリボタンを押してください。

ピッカリした人現在2

私も試しました。やってよかった。もっとこうしたらなど あなたのピッカリコメントをお願いします

みなさんのピッカリコメント

わが家の実験 最近の記事