食と農のウェブマガジン Pikkari

0

風呂敷でできるのれん

2016.10.25(『家の光』昭和47年6月号より)

どこの家にも、いただき物などの使っていない風呂敷が、たくさんあると思います。
わたしは約90センチ幅の木綿の風呂敷を利用して、簡単なのれんを作り、いろいろな色や柄を楽しんでいます。ほかに配色のよい別布を少し用意し、結んで飾りにします。これから夏に向かって、涼しげな柄のもので作ると、いっそうよいと思います。

ピッカリ識者のピッカリコメント

この記事は参考になりましたか?
なった時はピッカリボタンを押してください。

ピッカリした人現在0

私も試しました。やってよかった。もっとこうしたらなど あなたのピッカリコメントをお願いします

みなさんのピッカリコメント

わが家の実験 最近の記事