食と農のウェブマガジン Pikkari

1

究極のゆでエダマメ

2016.10.25(JA越後中央女性部)

材料

(作りやすい分量)
エダマメ(さやつき) 300g
塩

作り方

1 エダマメをボウルに入れ、塩適量と水少々をふり、指先に力を入れてもむ。
2 鍋に1とたっぷりの水を入れ、ふたをきっちりして火にかける。4分ほどすると湯気が噴き出てくるので、ふたを取る。
3 あくが出てきたら、すくって取り除く。かためにゆでてざるに上げる。余熱でもやわらかくなるので、ゆですぎないように注意する。
4 手早く湯を切って塩少々をふる。ざるをふってエダマメを上下に回転するようにして、一気に冷ます。水をかけると味が落ちるので、やらないこと。

料理メモ

◎ここがお勧め!
もっともシンプルな食べ方ですが、新潟県人ならこの方法がいちばん!です。
◎調理のポイント
塩もみしてからゆでると、表皮の毛が取れて美しいゆであがりに。


※『家の光』2015年5月号別冊付録
「全国の仲間に伝えたい!都道府県JA女性組織 お勧め野菜レシピ」より
写真家の光写真部
調理

この記事は参考になりましたか?
なった時はピッカリボタンを押してください。

ピッカリした人現在1

私も試しました。やってよかった。もっとこうしたらなど あなたのピッカリコメントをお願いします

みなさんのピッカリコメント

採れたてレシピ 最近の記事