食と農のウェブマガジン Pikkari

91

暮らしの困ったは王子におまかせ!(『家の光』2017年3月号から) セルフケア王子に聞く! 「季節の変わり目不調」を乗り切る技

2017.02.08指導 岡山知世(おかやま・ともつぐ)

季節の変わり目は、疲れや冷えといった症状が現れたり、気分がふさいだりします。これらを解消するには、「深呼吸する」「全身の筋肉を伸ばす」「首を温める」そして「つぼ押し」の四つをうまく組み合わせること。「季節の変わり目に体調を崩しがち」という人は、一度試してみてください。

今月の王子
岡山知世(おかやま・ともつぐ)

理学療法士。現在は静岡県の喜山整形ハーブクリニックリハビリテーション部長として、全国から来る患者に対応するほか、多くのスポーツ選手のサポートや一般向けの健康セミナーや理学療法士など専門職を対象とした講座の講師としても活動している。

最近「寝ても疲れが取れず、体が重い」「手足がしびれるように冷える」「気持ちが沈んで、やる気がでない」といった症状が出ていませんか? その原因は自律神経の乱れかもしれません。理学療法士の岡山知世さんに、自律神経を整える方法を教えてもらいます。

※『家の光』2017年3月号 P64~65もあわせてお読みください。

動画1
(1)自律神経の働きを整えるポイント

体や気分が「重だるい」状態を吹き飛ばしましょう

動画2
(2)椅子に座ってできる上半身ストレッチ

背骨まわりを動かすと、自律神経の働きが整いやすくなります

動画3
(3)自律神経の働きを整える「いちおしのツボ」

いろいろな症状の解消に役立ちますよ

岡山知世
写真松木雄一
調理

この記事は参考になりましたか?
なった時はピッカリボタンを押してください。

ピッカリした人現在91

私も試しました。やってよかった。もっとこうしたらなど あなたのピッカリコメントをお願いします

みなさんのピッカリコメント

ピッカリ王子 最近の記事