食と農のウェブマガジン Pikkari

0

囲んでほっこり

【ふるさとの鍋】 飛鳥鍋 牛乳が生みだす滋味 いにしえから伝わる

2016.02.12奈良県明日香(あすか)村(JAならけん管内)

調理が簡単で、具だくさんなのがうれしい鍋料理。歴史ある鍋から、食材の産地を応援するための新しい鍋まで、地域性を形にした鍋の魅力を紹介します。

 鍋のふたを開けると、ふんわりと牛乳の豊かな香りがたつ。牛乳を鶏がらスープやみそと合わせ、鶏肉や野菜をじっくり煮こんだ「飛鳥鍋」。日本では珍しい、牛乳を使った郷土料理だ。のどかな田園風景が広がり、古代の遺跡がそこかしこに残る奈良県明日香村。JAならけんあすか支店女性部のみなさんに、家庭に伝わるレシピで飛鳥鍋を調理してもらった。唐から来た僧侶が牛乳の代用としてヤギの乳を使い、滋養強壮のために作った鍋料理が飛鳥鍋のルーツとされる。

飛鳥鍋を作ってくれた、JA ならけん あすか支店女性部のみなさん

「冬の寒い日に、家族が集まったときは飛鳥鍋を食べます。暮らしに根づいた料理なので、各家庭にそれぞれの味がありますよ」と、あすか支店女性部部長の松原多美代さんは話す。
「飛鳥鍋にはどんな野菜も合いますが、わたしたちの家庭では、かならずゴボウを入れます。ゴボウから出るだしと牛乳の相性は抜群ですよ」と、松原さんは続ける。飛鳥鍋の食材はどれも身近でそろえやすく、家庭で調理しやすい。古代に思いをはせながら、鍋を囲むのも一興だ。

作り方

ゴボウをたっぷり入れるのがJAならけんあすか支店女性部流

①鍋に鶏がらスープとかつお節、昆布、いりこなどでとっただし汁を入れ、火にかける(※鶏がらスープ以外は好みで)。
②ゴボウ、ニンジン、鶏肉など、火の通りにくいものから入れる。
③ネギやハクサイなどの葉物野菜を入れ、みそを溶き、火が通るまで煮こむ。
④常温にもどした牛乳を入れる。牛乳を入れた後は沸騰させないように注意する。
⑤好みで、刻みネギや七味トウガラシをちらして完成。

※『家の光』2015年1月号から。
情報は取材当時のものです。

写真前田博史
調理

この記事は参考になりましたか?
なった時はピッカリボタンを押してください。

ピッカリした人現在0

私も試しました。やってよかった。もっとこうしたらなど あなたのピッカリコメントをお願いします

みなさんのピッカリコメント

地域情報 最近の記事