食と農のウェブマガジン Pikkari

0

囲んでほっこり

【ふるさとの鍋】 甲賀流忍者鍋 忍法・舌鼓の術! 忍の里の新名物見参

2016.02.12滋賀県甲賀(こうか)市(JAこうか管内)

調理が簡単で、具だくさんなのがうれしい鍋料理。歴史ある鍋から、食材の産地を応援するための新しい鍋まで、地域性を形にした鍋の魅力を紹介します。

 ふたを取ると、雲のようなメレンゲが一面にもくもく……。ああ、具材が消えた! とのけぞってしまうこのメニューの名前は、「甲賀流忍者雲隠れ鍋」。滋賀県甲賀市にある水口(みなくち)センチュリーホテルのレストラン「あすなろ」の逸品だ。
 平成26年3月、市内13か所の飲食店に「甲賀流忍者鍋」というジャンルの鍋メニューが登場した。「雲隠れ鍋」もその一つである。 これは観光と地産地消を振興するために、甲賀市が始めた取り組みだ。「甲賀流忍者鍋」の名を冠するにあたっては、①市内産の野菜を3種類以上使う、②市内産のみそを使う、③県内産の食肉を使う、という3つのおきてが課せられる。
 そして今の季節、鍋に使われる地元産の野菜もただものではない。

「寒さを耐え忍んで、太く大きく育った『忍葱(しのぶねぎ)』は最高に甘いですよ」
 生産者の徳地好雄さん(有限会社るシオールファーム会長)と盛岡利宏さん(有限会社TIK農産・野菜担当)は、自慢の忍葱を紹介する。 「手裏剣形に飾り切りされているのは『忍忍人参(にんにんにんじん)』。これも甘い!」
 と、同じく生産者の田中治広さん。「雲隠れ鍋」のつゆは、みそをベースに牛乳が加えられ、上品でまろやかな味わい。野菜は新鮮そのものだ。
 忍術と農家の技が連携する、忍者の里の新名物、ここに見参!

左から田中さん、徳地さん、忍者(JAこうかの辻本桂一郎さん)、盛岡さん。同ホテルはJAの農産物を積極的に使う「地産地消協力店」だ

水口センチュリーホテル
住所/滋賀県甲賀市水口町名坂170-1 ☎0748−63−2811
「雲隠れ鍋」はセットで一人前3200円(税込み・要予約・3人前から)。
※甲賀市内には、他にもさまざまな「甲賀流忍者鍋」がある。

※『家の光』2015年1月号から。
情報は取材当時のものです。

写真家の光写真部
調理

この記事は参考になりましたか?
なった時はピッカリボタンを押してください。

ピッカリした人現在0

私も試しました。やってよかった。もっとこうしたらなど あなたのピッカリコメントをお願いします

みなさんのピッカリコメント

地域情報 最近の記事