食と農のウェブマガジン Pikkari

4

野菜に水や液肥を効率よくやる工夫

2017.10.18長野県 和田きくみさん(『家の光』2016年6月号より)

 このごろの天気は、降れば降り続き、照れば日照り状態が何日も続き、夏野菜を作るのもなかなかたいへんです。キュウリやナスに水をやろうとじょうろでかけても、流れてしまって表面がぬれるだけです。
 そんなときは、キャップを外した1.5Lや2Lのペットボトルの底に1か所、きりなどで小さな穴をあけて水を入れ、水をやりたい植物の根元に置くと、水が静かにしみこんでいきます。
 液肥をやるときもピンポイントでやれるので、とても効率的です。

ピッカリ識者のピッカリコメント

この記事は参考になりましたか?
なった時はピッカリボタンを押してください。

ピッカリした人現在4

私も試しました。やってよかった。もっとこうしたらなど あなたのピッカリコメントをお願いします

みなさんのピッカリコメント

わが家の実験 最近の記事