食と農のウェブマガジン Pikkari

27

教えて 暮らしのマエストロ(『家の光』2018年5月号より) お出かけにぴったり 新作発表!風呂敷バッグ

2018.04.11指導 つつみ純子(つつみ・じゅんこ)

風呂敷は持っているけど、ほとんど使っていなくて……。そんな声をよく耳にします。そこで、いますぐに使いたくなる、すてきな“風呂敷バッグ”の作り方をお教え致します。春の外出のお供に、風呂敷をぜひ活用してくださいね。

今月のマエストロ
つつみ純子(つつみ・じゅんこ)

風呂敷文化研究家。風呂敷から日本の文化を伝える「ふろしき講座」を全国で展開中。オリジナルブランド「ふろしきぶる」も運営。テレビやラジオにも出演し、風呂敷の魅力を広めている。

さまざまなジャンルの達人が、暮らしに役立つ自慢の“すご技”を、わかりやすく紹介します。
今回は風呂敷文化研究家のつつみ純子さんに、今すぐに使いたくなる、すてきな”風呂敷バッグ”の作り方を教えてもらいます。

※『家の光』2018年5月号 P62〜65もあわせてお読みください。

動画1
(1)真結びの結び方、ほどき方

まずは、基本の結び方を
しっかりマスターしましょう

動画2
(2)エコバック・すいかバッグの作り方

ちょっとしたお出かけバッグにも、
エコバックとしても使えます

動画3
(3)リボンバッグの作り方

ハンドバッグに入らない雑誌などを
包むのに重宝しますよ!

つつみ純子
写真松木雄一
調理

この記事は参考になりましたか?
なった時はピッカリボタンを押してください。

ピッカリした人現在27

私も試しました。やってよかった。もっとこうしたらなど あなたのピッカリコメントをお願いします

みなさんのピッカリコメント