食と農のウェブマガジン Pikkari

0

柔軟な発想や熱意で大人気

【高校発のヒット商品】 「加賀丸いも」のスイーツ  名物づくりはわが社に任せて!

2016.02.15石川県立翠星(すいせい)高等学校  模擬株式会社SUISEI ‒ FACTORY(スイセイ-ファクトリー) 石川県白山市(JA松任管内)

農畜産物・水産物の加工品を作る高校生の取り組みが、全国各地で話題を呼んでいる。地域に根づいた食材を使った名産品を売り出そうと試行錯誤する生徒の思いと行動は、いまや、地域おこしに欠かせない存在となっている。

小牧尚弥君(後列左)は「仲間に恵まれ、活動にもやりがいがある」と話す

「食品科学研究会」の9人が“社員”に

 石川県立翠星高等学校(旧・県立松任農業高等学校)の部活動「食品科学研究会」の9人は、県産農産物を使ったスイーツの製造・販売に励む。部は、平成24年度に模擬株式会社「SUISEI ‒FACTORY(以下、FACTORY)」を設立。一人一人が“社員”として活動している。食品科学研究会には、たびたび農家から「規格外品や余剰作物を有効に活用したい」と相談があり、模擬株式会社化に踏みきった。運営方法は、一般の株式会社とほぼ同じ。生徒と教諭、計122人から一人1000円ずつ出資金を集め、運営資金に充てる。毎年度末には株主総会が開かれ、利益に余剰が出た場合は、株主に配当(スイーツ)が支給される。

取材に訪れた日はマフィン、シフォンケーキ、タルトを製造した

加賀丸いものスイーツのほか、トマト、米粉やユズを使った加工品も製造・販売

学校の文化祭で一日に2600個を売った

 同社がとくに力を入れているのは、伝統野菜「加賀丸いも」を使ったスイーツ作りだ。顧問の安川三和教諭は、その経緯をこう説明する。「25年の12月に、能美(のみ)市で加賀丸いもの栽培が始まって100周年を迎えたことを機に、『加賀丸いもを使って地域の新名物となるような加工品を開発して、栽培農家を元気づけてほしい』と、JA 根上(ねあがり)から依頼があったんです」  
それを受けて、社員はヤマイモに似た加賀丸いもの食感を生かそうと、マフィン、シフォンケーキ、タルトなど、約六種類のスイーツを考案。校内の販売実習所や、能美市の農産物販売店「いわうちマルシェ」などで販売されていて、売れ行きは好調だ。 「昨年の文化祭では、1日で約2600個も売ったんです。その前の準備はたいへんで、平日は20時まで、土日も日中はずっと作業をしていました」 と、南房(なんぼう)貫太君は言う。

株主総会で使う報告用の資料も、生徒が作成

加賀丸いも農家のもとで、農作業も体験

この部活動に興味を持ち、入学を決意した生徒も

 白山市や近隣の自治体のイベント、JAの農業祭などに参加して販売したことで、FACTORYのスイーツは地元ですっかり有名になった。“社長”の吉田久琳(くりん)さんも、入学前からその存在を知っていたという。 「中学生のときに母親と行ったお祭りでこの部活動を知って興味を持ち、入学と入部を決意しました」  安川教諭も「会社の設立時はこちらから、うちの商品を売らせてくださいと、JAや市役所に売り込みに行っていたのですが、今は多くの出店の依頼が舞い込んでいます」と、人気ぶりを実感している。

※『家の光』2015年4月号から。
情報は取材当時のものです。

写真
調理

この記事は参考になりましたか?
なった時はピッカリボタンを押してください。

ピッカリした人現在0

私も試しました。やってよかった。もっとこうしたらなど あなたのピッカリコメントをお願いします

みなさんのピッカリコメント

地域情報 最近の記事