食と農のウェブマガジン Pikkari

8

味も見た目もGOOD!

【楽しい田園カレー】 千屋牛ダムカレーBLACK

2019.07.22ファーマーズマーケットJAあしん広場 焼肉レストラン千屋牛 (岡山県新見市)

夏といえばカレーの季節。 最近では「ご当地カレー」という言葉もあるように、地域の特産品を使ったユニークなオリジナルカレーが各地で生まれています。 地域の農産物を守り育てる、GOOD! なカレーを紹介します。

 ご飯の堰堤を開けば、貯水池のカレーが具のある減勢池に放流される……。これぞ、巷でにわかに人気を集めている「ダムカレー」の楽しみ方である。全国各地のダムがある町で広まっているこのユニークなカレーに昨年末、新風が吹いた。市内に6基のダムがある新見市の市民有志が、ダムカレーによる地域おこしプロジェクトをスタートしたのだ。現在13の店舗が、それぞれ個性のあるダムカレーを展開。なかでも目を引くのがJAあしん直営の焼肉レストラン千屋(ちや)牛の真っ黒いダムカレーだ。
 黒くした理由は、メイン食材の地域の特産品「千屋牛」が黒毛だからだ。千屋牛は優れた和牛の系統群、蔓牛(つるうし)の中でも日本最古の歴史があり、地域の誇るべき存在である。

育てる人も料理する人も手間ひまを惜しまない

 店長の小橋延行さんは「より多くの人に千屋牛を知ってもらおう」と考え、イカスミを加えるなど、黒にこだわったという。さらに、地元産の黒ニンニクで作った千屋牛がダムの上からひょいっと顔をのぞかせる遊び心も。もちろん味の決め手は千屋牛で、カレー自体にはすじ肉とその肉汁を使い、選べるトッピングには千屋牛のコロッケや焼き肉を用意した。
 このカレーをきっかけに市や千屋牛について質問をするお客さんが増えたそうだ。
「おもしろさとおいしさで、新見に来た人に楽しんでもらえたらなによりです」

やわらかな肉質が特徴の千屋牛を筆頭に具材はすべて地元産

千屋牛と地元の魅力を発信するスタッフのみなさん

DATA

住所/新見市正田397-2 
JAあしん広場内
☎0867-72-6605
営業時間/平日11:00〜14:30(ランチ営業)、16:30〜21:30(夜間営業) 土・日曜日・祝日11:00〜21:30 
定休日/火曜日

※『家の光』2018年8月号から。
情報は取材当時のものです。

高橋さよ
写真吉田真也
調理

この記事は参考になりましたか?
なった時はピッカリボタンを押してください。

ピッカリした人現在8

私も試しました。やってよかった。もっとこうしたらなど あなたのピッカリコメントをお願いします

みなさんのピッカリコメント

地域情報 最近の記事